Wrinkles / Saggingしわ・たるみ治療

しわ・たるみ治療

しわ、たるみなどの加齢に伴う症状は早ければ30代以降から目立ち始め、ほうれい線やゴルゴラインが生じたり、目尻や額にしわができたりするなど様々な症状が現れます。
しわやたるみはいずれも加齢や紫外線、乾燥などが原因ですが、気になる部位や症状によって治療法が異なります。当院では注入治療やマシンによる治療など多岐にわたる治療法を取り扱っており、一人ひとりの症状や希望にあわせて最適なプランをご提案いたします。

治療の初めとする肌診断では初回のカウンセリングの段階から今は見えていない隠れじみまでも解析いたします。 数年後に出てくる隠れじみなどを今ある表面のしみなどと共に治療することで、数年後もあなたの美肌を保つことが可能になります。 また、一年のうち季節や体調によっても肌の状況が異なるため、ご来院する度に高解像度の肌撮影カメラでお顔を撮影し治療の効果やお肌の状態を把握・分析いたします。その時の肌の状態をしっかりと把握した上で、最適な治療を行うことが非常に重要です。

Recommendこんなお悩みにおすすめ

  • 目尻に小じわができてきた
  • 眉間や額のしわが目立ってきた
  • 口元にしわができてきた
  • 頬がたるんできた
  • フェイスラインがもたついてきた
  • 頬やこめかみがこけてきた
  • 首のしわが気になる
  • 顔が全体的に下垂してきた
  • まぶたがたるんできた
  • ほうれい線やゴルゴラインが気になる

What's Wrinkles /
Sagging
しわ・たるみとは

  • しわとは
  • たるみとは

しわとは

しわは、加齢や紫外線によるダメージ乾燥によって真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少し皮膚のハリや弾力が低下することで生じます。顔のほか、首や手など紫外線に当たりやすい部位によくできます。またしわには大きく分けて「乾燥によるしわ」「表情じわ」の2種類があり、それぞれ治療法が異なります。

しわの原因

真皮層はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などによって構成されていますが、加齢や紫外線ダメージ、乾燥などによってこれらの皮膚構成成分が減少すると、肌の弾力やハリが失われます。これによって生じる真皮層の断裂やくぼみで生じる溝がたるみしわです。

しわを防ぐためには

しわの原因は加齢のほか、乾燥や紫外線によるダメ―ジが大きいため、普段から保湿をしっかりと行うことと、紫外線対策をすることが大切です。また表情じわは、長年同じ個所にしわができることによって、習慣的に肌に癖がついて時間の経過とともに刻まれたしわになっていきます。この場合はボツリヌストキシンなどで表情筋をコントロールすることが有効な予防策になります。

たるみとは

頬や目尻、フェイスラインのたるみも30代以降で気になり始める症状の一つです。加齢などによる肌弾力の低下や、顔の筋力の低下などによって生じます。一度たるみが生じるとマッサージなどのセルフケアだけではなかなか改善しないことが多いです。

たるみの原因

加齢や紫外線、乾燥などにより、真皮層のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった肌を構成する成分が減少すると肌の弾力やハリが低下し、重力に耐えられなくなることでたるみが生じます。また年齢とともに代謝機能も低下するため、若い頃よりも皮下脂肪がたまりやすくなることで皮膚表面を支えられなくなりたるみが生じることもあります。脂肪量が変わらずとも筋力が衰えた場合も同様に、脂肪や皮膚組織を支えることができなくなります。

たるみを防ぐためには

たるみの原因は加齢のほか、乾燥や紫外線によるダメ―ジが大きいため、普段から保湿をしっかりと行うことと、紫外線対策をすることが大切です。たるみだけでなく、健康と美容のためには、睡眠不足や乱れた食生活、過度の飲酒や喫煙、運動不足を避けたほうがよいということはよく知られています。たるみ対策としても、十分な睡眠、栄養バランスのよい食事、適度な運動を心がけましょう

Contactお問い合わせ

まずは、お気軽にご相談ください。

※診察をされる場合は初診料3,300円が別途かかります。

トップへ戻る